年金支給開始を間近にしますと、年金を繰り上げすべきか、繰り下げすべきか?迷いますねえ。

どっちを選べばいいんでしょうか?

[年金] ブログ村キーワード

多くのファイナンシャル・プランナーは年金を繰り下げ支給したほうがおトクです!って言います。

けどね、寿命はわからないもんで、臨終になって、しまった繰り上げてもらっておけばよかったなんてことのならないようにしたいものです。

難しいですけどね。

生きてるか?死んでるか?

なんて、ま、完全に運の世界でもあります。

さて公的年金ですが、原則として支給されるのは2017年6月20日現在、65歳からです。

これが伸びるかも知れませんし、伸びないかも知れません。

でも年金は65歳より前に受け取ることができます。

年金は65歳より後に受け取ることもできます。

生活がきついから年金、早めにちょうだい!

これもいいし、

まだまだ俺は引退しないぞ!

もっと年金なんか後でいい!

そういう人もいらしゃるでしょう。

65歳より前に年金を受け取ることを繰り上げ支給と言います。

65歳より後に年金を受け取ることを繰り下げ支給と言います。

ただし繰り上げと言っても、最低60歳からしか受け取れませんし、繰り上げも70歳までしか繰り下げできません。

これを70歳以降も繰り下げできるようにしようっていうのはまた別のお話です。

管理人の周辺の方に聞きますと、一般の方は繰り上げもせず、繰り下げもせず、年齢になったら淡々と年金をいただくというのが、多いようですよ。

で、この繰り上げ、繰り下げ、どっちが得か?っていうのはなかなかわからないもんで、自分に死期が迫って初めて分かるようになるのですが、一体どっちがいいんでしょうか。

どっちを選ぶにしろ、一回選んだら終身変えられないので、慎重さが必要になりますよ。

たとえば60歳から繰り上げ支給をした場合、支給開始前(65歳)、一ヶ月に0.5%が減額されるので、12ヶ月×5年×0.5%=30%の減額になりますので、60歳から毎月70%の年金を受け取ることになります。

keisan

繰り下げますと、66歳から一ヶ月ごとに0.7%の年金が増額されます。

70歳から受け取りますと、12ヶ月×5年×0.7%=42%が増額になります。

で、ここからが損得のお話です。

一体どっちが得なの?ってことですが、

・長生きする方は繰り上げ支給

・長生きしない方は繰り下げ支給

ということです。

答えになってない?

そうなんです。

一概には決められないんです。

どっちも大体80歳~83歳くらいで、通常の年金支給を逆転します。

結局選ぶのは、年金が必要なのは何歳からか?って考えることが大事なんですね。

生活なんかは個人によって全く異なりますからね。

ただし、一旦選んだら変更できないので慎重に検討してくださいね(。>∀<。)ニコッ